棚板のこだわり

ブログ

先日、完成したオーダー家具に、飾り棚を作りました。
一見、壁に棚板を付けただけにみえますが、、、、
実は、見えないところに細工を施しています。
通常、壁に棚板をつける時は、
棚板荷重を受ける為に金物(脚)をつけます。
リフォーム工事だと、金物の代わりに下地を入れる事も可能ですが、
今回は、新築工事だったため、下地を入れる事ができません。
でも、棚板の受け金物は付けたくありませんでした。
棚板の受け金物無しで、
スッキリと棚板を壁に取り付ける工夫をしました。
壁に添え木を1本取り付けます。
その木に差し込むような形の棚板を作成
最後は、接着剤で固定
これで、金物の脚がない、
スッキリとした棚板を取り付ける事ができました。
あまり目立たないですが、細部もこだわっているんですよ!!